らあめん・餃子 ひら石

こだわりの素材 おしながき お店のご紹介

ひら石の特製麺

どちらかだけではダメ

ラーメンのおいしさとは何でしょうか?
その答えは人によって異なってくるかも知れません。やっぱり濃厚なスープが好きだという方もいらっしゃれば、いやシコシコとした麺がたまらないという方もいらっしゃるでしょう。
しかし理想をいえば、その両方がおいしくて、しかもお互いの味を引き立てあっているようなラーメンこそが、本当に美味しいラーメンであると言えるのではないでしょうか。

けれども東京ひろしといえども、そのようなラーメンにはなかなか出会うことはできません。素晴らしいスープだ!と感動した直後に麺を食べてみてガッカリという経験は、ラーメンを食べたことのある方だったら一度はあるのではないでしょうか。

ひら石のためだけの特製麺

私もかつて、自分のラーメンでスープと麺とのバランスで悩んでいましたことがあります。
ひら石開業前の話になりますが、当時どうしても自分の作るスープと麺が引き立て合っているようには思えなかったのです。

そんなとき、ふとしたきっかけからある製麺所と知り合うとこになりました。製麺所の方に私のラーメンを食べていただいたところ、「是非このラーメンの為に麺をつくらせて欲しい」ということになったのです。

製麺所が作って来たのは2種類の麺でした。どちらを食べてもにぼしダシにぴったりの、甲乙つけがたい味だったのですが、太く腰のある方を選びました。
その太い麺こそが、いまでも当店で使われているあの麺なのです。この麺こそが自分のスープに相応しい麺だったんだと、目からウロコが落ちる想いでした。

この麺があったからこそ、スープにも磨きがかけられたし、ウチのラーメンですと胸を張って言える味を作ることが出来たと今では思っています。